最近の研究

群馬大学 柳川先生との共同研究

 

ベータ波 福岡大学の保坂先生との共同研究

 

サルの頭頂葉にゼロを表現する細胞を発見

 

補足眼野に"驚き"細胞を発見:

 

サル前頭前野神経回路の相転移に伴う神経発火ゆらぎの上昇

 

前補足運動野と補足運動野では動作順序と手の使用順序を2次元で表現する。

 

帯状皮質運動野ニューロンは文脈および結果に基づく随意的行動選択を符号化する

 

サルは数をゴールとして数操作(加算・減算)ができる

 

大脳皮質のアップ・ダウン振動をオプトジェネティクスの光周期刺激で引き込み

霊長類背内側前頭前野の細胞活動は行動戦術の選択に寄与する

 

中枢神経局所回路の状態遷移としての動的情報変換の解明

 本研究では、この状態遷移の神経機構を解明するにあたり、種々の手法を組み合わせた新しい実験システムを共同で開発する。チャネルロドプシンの最適化と局所光刺激法、電気活動または機能的なイメージング法を用いて局所の細胞の活動パターンや応答特性を明らかにする手法、さらに選択的遺伝子導入を組み合わせて融合的な実験手法を開発する。

このページトップへ