Research Projects

 脳機能を脳ー身体ー環境を含む全体としてとらえて、研究することをイメージした図。脳はさらに、様々な部位に分かれ、階層的、かつ並行的に働いている。行動制御への脳の役割を解明するには、システムとしての、それぞれがどのように働いているか、また相互作用することで、各モジュールの機能を超えたより高次の機能が生み出されるメカニズムを解明する。そのためには、脳をシステムとして複合的な手法で研究する。

大学院生募集

平成30年度4月入学大学院生募集(修士・博士課程)のお知らせ

当研究室では2018年4月入学の大学院生(修士2名および博士2名)を募集しています。

研究室訪問は、随時受け付けておりますので、ご興味のある方は橋(m.takahashi*med.tohoku.ac.jp)までご連絡ください。

詳しくはこちら

システム脳科学研究のすすめ

祝・第二生理学講座設立100年(現 生体システム生理学分野)

大正四年(1915年)東北帝国大学医学科が開設されると同時に、第一・第二生理も開設され平成27年(2015年)今年100年目を迎えました。

当教室として “創設100年”を記念し、歴代の教授から現教授までの紹介をするページの追加をいたしました。

http://model.umin.jp/index.html

>>>新学術領域研究 「非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解」

平成29度 高度教養教育開発推進事業 コミュニケーション・スキルアップのためのワークショップ

コミュニケーション編

日時:2017年9月29日(金)・30日(土)
会場:川内マルチメディア棟M601

チーム構築編

日時:2018年2月3日(土)・4日(日)
会場:川内萩ホール会議室

連絡担当:虫明 元(生体システム生理学分野教授)
☆を@に変えてください(^O^)/

第27回 日本医療社会福祉学会大会

日時:2017年9月9日(土)・10日(日)
会場:上智大学四谷キャンパス
テーマ:社会還流するする脳科学、そしてソーシャルワーカーの工夫
基調講演:虫明 元

東北大学 オープンキャンパス

日時:2017年オ7月25日(水)と26日(木))
会場:東北大学
川内キャンパス (文学部,教育学部,法学部,経済学部)
青葉山キャンパス (理学部,薬学部,工学部)
星陵キャンパス (医学部,歯学部)
雨宮キャンパス (農学部)

第40回日本神経科学大会

テーマ:進化する神経科学 Pushing the Frontiers of Neuroscience
大会長: 狩野 方伸(東京大学大学院医学系研究科)
学会事務局:日本神経科学学会
日時:2017年7月20日(木)〜23日(日)
※ただし4日目(7月23日)は通常のシンポジウム・一般口演・ポスター発表・附設展示会は行わず、特別なプログラムを提供する予定です。
会場:幕張メッセ

ゲオルク・ノルトフ博士講演会

演目:「自己と意識のカギとなる脳活動とは?―健康な心と病んでいる脳から学ぶ」

英語で講演会は行われますが、イヤホンによる同時通訳有(数に限りがあるため先着50名)
>>詳細

日時:平成29年6月16日(金曜日)

開場:午後4時30分

開演:午後5時(6時30分終了予定)

場所:東京大学本郷キャンパス・福武ラーニングシアター(赤門から入って左手すぐ)

参加費:無料

同時通訳:希望者には日本語での同時通訳有(先着50名)

新学術領域研究「非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解」主催 参加希望の方は新学術領域のホームページhttp://www.nips.ac.jp/oscillology/より参加登録をお願い申し上げます。

>>>事前登録はこちらをクリック<<<

生命科学連携推進協議会 【生命科学4プラットホーム説明会・成果シンポジウム】

日時:平成29年4月27日(木)
会場:一橋講堂 学術総合センター2F(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)

第94回日本生理学会大会

日 時:2017年3月28日(火)〜30日(水)

アクトシティ浜松(静岡県浜松市中区板屋町111〜中央3)

大会長:浦野 哲盟(浜松医科大学医学部 医生理学講座 教授)

大会長:福田 敦夫(浜松医科大学医学部 神経生理学講座 教授)

テーマ:分子が奏でるハーモニーと躍動する身体機能:照らそう生命の理(ことわり)

大会企画シンポジウム

【文部科学省新学術領域研究「オシロロジー」共催】

「非線形・振動現象の新展開」

○オーガナイザー

・虫明 元(東北大学 生体システム生理学) ・森田賢治(東京大学 身体教育科学)

機械学習・情報理論・神経科学ワークショップ

渡辺秀典(招待講演)

講演テーマ 「霊長類(サル)における多点電極記録とその解析」

日時 平成29年3月21日

場所 石川県北陸先端科学技術大学院大学 知識科学棟5F コラボ2


平成28年度コミュニケーション教育プログラム

日程1: ● 入門編 平成28 年11 月4日(金)午後・5日(土)午前午後

日程2: ● 実践編 平成29 年2月10 日(金)午後・11 日(祝)午前午後

(各日4時間程度、各編2日間)

会場:医学部6号館カンファレンスルームおよび臨床中講堂

対象:1〜3学年の学生(定員30 名 多数の場合は先着順)

(他学年・日本語で参加可能な留学生、院生も可)

協力:東北大学医学教育推進センター ※入門・実践両編を受講した学生には「平成28 年度コミュニケーション  教育プログラム受講証」を発行します。

申込先:東北大学医学部コミュニケーション・ワークショップ実行委員会

連絡担当 虫明 元(生体システム生理学教授)【メールアドレスの☆マークを@マークに変えて送信下さい】


プレイバックシアター コアトレーニング

2017年1月9日までの3日間虫明教授が受講いたしました。


第3回領域会議(オシロロジー)

日時: 平成29年1月6日〜7日

場所:立命館大学茨木キャンパス


鞍馬 守さん勤続54年の歩み

1961年(S36.12)から2016(H28.3)までの54年余の歩み

当教室として "勤続54年"を記念し、歴代の教授から現教授までの紹介をするページに特別記事として紹介をいたしました。